スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず紹介すべきは「小説家になろう」で堂々とランキング1位に輝いている

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

ではないでしょうか。

私もなろう系と呼ばれる小説を初めて読ませて頂いた作品はこれでした。
理由は単純にランキング1位がどのような作品なのか興味があったからです。

260話以上、さらには完結後の後日談もあり
ボリュームはものすごいです。

あらすじ

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され
人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。
目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

無職転生(1) [ 理不尽な孫の手 ]

価格:1,296円
(2015/9/3 11:15時点)



↑こちらは書籍版です。

無職転生~異世界行ったら本気だす~(1) [ フジカワユカ ]

価格:596円
(2015/9/3 11:23時点)



↑こちらは漫画版です。

と、いった転生をして人生をやり直すという類のものなんですが
表現力、魅せ方などがとても巧く
流石に1位に長く居続けるだけはあるなと思いました。

その人気から書籍化、漫画化もしてあり
私は納得の1位でした。

ただ最初の転生前の「彼」が余りにも酷く、人によってはその時点で彼に対して
見切りを付け作品自体を読まなくなる事もあると思います。

この作品はそんな彼が転生先で成長し、前世の自分を見つめ直すという
成長記録な部分もあるので仕方ないとはいえ
勿体無いかなぁとも思います。

中盤も長編故にダレる部分はありますが
終盤では涙が出そうになるほど彼に感情移入し
いい歳したおじさんがこの先はどうなるのだろう、と眠らずに読み進めてしまう程。

番外編では普通に泣きました。
わかっちゃうんだよなぁ……
止まらないんだよあの涙。

この作品は注意しないと
気がついたら睡眠時間を削って
読んでる自分がいました。

展開が気になりすぎて昼食時もiPad片手に済ますくらい
面白かったです。

ファンタジーというジャンルの中では文句無しの1位だと思います。
漫画版もキャラが可愛く、話も小説故にダレる部分を巧く削ってあり
原作を読んでからも楽しむ事が出来ました。

手放しでおすすめ出来る作品でしたね。

ブレる事なく彼を描き切った作者さんが凄いです。

ちなみに本編は完結済み
番外編は 2015/09/01 現在連載中です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。